【日記】テレビが壊れる。

テレビが壊れた。
購入して約5年、短すぎる生涯であった。

その死は突然であった。
綾瀬はるかさんの風邪薬のCMを見ていたら、突如として画面中央が黒くなった。
風邪の症状を表すにしてはやけに大げさな表現だなと思っていると、
闇が画面を侵食していき、あっという間に画面全てが真っ暗になった。

まるでホラー映画のような出来事にしばし唖然となった。
テレビの中から綾瀬はるかさんが出て来るのではと思ったが、
そんなことはなく、そのまま電源が切れて動かなくなった。

きっと何かの間違いだ、大事なパーツが壊れただけに違いない。
そう思って主電源を落として少し待った後に再度電源を入れた。
すると何事もなかったかのように鮮やかな映像が映し出された。
やはり僕の勘違いだった、おそらくアンテナが外れたりでもしたのだろう。
そう思った直後、画面に映っていたゴルファーの胴体が闇に切り裂かれた。
先ほどと同じように画面が真っ暗になると、今度こそ完全に何も映らなくなった。

そして現在、今後の対応に悩んでいる。
修理に出すべきか、新しいものに買い換えるべきか。
購入当時に比べると同スペックのモデルが約半額で買えるので、
下手に修理に出す手間と費用を考えると買い替えたほうが早そうだが、
当然ながらそんなお金はない。ちまちま貯めて年明けにPS4を買う予定だったのに。

現在のテレビの主な用途としては「地獄先生ぬ~べ~」を見ながら、
友達とSkypeを繋いで感想を言い合うというかなり重要なものがあるが、
これはパソコンの地デジチューナーで何とかならないこともない。
しかしゲームやBS・CSのスポーツ観戦などはテレビがないとかなり厳しい。
とりあえず今年の正月は実家に帰省しようかと思った。