You can’t catch me




「You can’t catch me(初回限定盤)」
坂本真綾

坂本真綾さんの新しいアルバムを購入する。


これまで様々な女性アーティストに恋慕してきた僕であるが、


最終的に選ぶべきは彼女ではないかと、最近になって思い始めた。


デビュー15周年を迎えるというのに、未だに変わらぬ透明感。


彼女ほど「僕」という一人称の歌詞が似合う女性はそうおるまい。


彼女から「君」と呼ばれたら、それだけでご飯が三杯は食べられるであろう。


 


本作は菅野よう子先生提供の楽曲こそ一曲のみだが、


その分、様々なミュージシャンから楽曲を提供されている。


個人的には、スネオヘアーとの組み合わせがいい感じであった。


渡辺氏のポップだけど影のある楽曲が坂本さんのボーカルと合致した。


ひとり荒川アンダーザブリッジですよ。


 


CDにライブの先行予約の案内が封入されていたので、


現在、抽選に出してみようか考え中である。


彼女がいなければサイトをここまで続けることはできなかったであろう。


感謝の気持ちを表すため、一度ぐらいは参加してみるべきではないか。


そろそろ二人は出会ってもいい頃ではないか。