未だ見ぬ明日に


ASIAN KUNG-FU GENERATIONのミニアルバム『未だ見ぬ明日に』を購入する。
いつものように「ベースの関根さんが可愛い」「のっちとかしゆかは俺の嫁」など、
音楽的教養に溢れた感想を書きたいところなのだが、アジカンに関しては特に書くことはなかった。
PV集を買う程度には好きなのだが、バンドについて熱く語るような思い入れはないのである。
中学、高校の時に聞いていたバンド(主にヴィジュアル系)は、各々に思い入れがあり、
ゲームの主人公やパワプロのサクセスの作成選手に彼らの名前を使用したりした。
ハイド、キリト、アイジ、レビン辺りは、かなり使い勝手の良い名前であった。
だが、大学以降に聞き始めたバンドは、関根さんを除いては純粋に楽曲への興味のみで、
メンバーの名前もろくに覚えていなかった。アジカンも後藤さん以外は知らなかった。
知識も思い入れもないのに語っても突っ込まれるだけなので、止めておいた方が賢明である。
しかし、アルバムを出して間もなく新作を発表する姿勢は素晴らしいので、
仲間のバンドも見習ってもらいたい。モチベーションの差で休止とかしてる場合ではない。