ヴィーナスとジーザス




「ヴィーナスとジーザス」
やくしまるえつこ
これまで日記で何度も取り上げてきたやくしまるえつこ嬢だが、
冗談抜きで、現在、日本で一番活動的なアーティストではないだろうか。
今年に入っただけでも、相対性理論でフルアルバムを含む2枚、
やくしまるえつこ名義では、3枚ものCDを出している。
他にもサントラに参加しているのを加えれば、その数はもっと増える。
「spoon.」では、恐ろしく写りの悪いグラビアが掲載され、
前のページに載っている坂本真綾さんが超絶美女に見えるなど、
その勢いは留まるところを知らない。どこへ向かっているのかはわからないけど。
これまで、やくしまるえつこ名義で出した曲は、
実験的というか、ネタみたいな曲ばかりだったが、
今回の表題曲は、相対性理論の曲に近い印象で聴きやすかった。
アニメ「荒川アンダーザブリッジ」の主題歌らしいので、
同じ作者の「聖☆おにいさん」がアニメ化された際には、
「ブッダとジーザス」も出してくれるのではないだろうか。
また、3曲目の「nekomeshi」では、
やくしまるえつこ嬢がついに猫になった。
いつかはなるとは思っていたが、思っていたよりも早かった。