ドラゴンクエストモンスターズ ジョーカー2




「ドラゴンクエストモンスターズ ジョーカー2」
本作をゴールデンウイーク前に購入したので、
久々にゲーム日記を書こうと思ったのだが、
既にプレイ時間が60時間を超えて、
80%以上のモンスターを仲間にしたという状況。
最近は、ひたすら野生のメタルスライムを捕獲して、
それをはぐれメタルやメタルキングに育てるという、
養殖業者みたいなプレイをしているので、
今から日記に書いても全然面白くないのである。


こうなったら、Wi-Fi通信で見知らぬ人と対戦をして、
全国ランキング入りを目指そうとも考えたのだが、
少し前にネット回線を光に変えたことによって、
設定の仕方がよくわからなくなったので諦めた。


しかしこれだけやり込んで、自己満足で終わるのも勿体無い。
本作では、すれちがい通信でも他人と対戦ができるので、
朝、家を出る際に、すれちがい通信を起動させて出掛けた。
これによって、僕の半径30メートル以内に近づいた人に、
僕の大魔王ラプソーンが、問答無用で襲いかかることになる。
ゲームを始めたばかりのマスターにとっては、かなりの驚異であろう。
しかも大魔王ラプソーン、朝の満員電車が苦手なので、
当駅始発に乗るため、しばらくホームで待機していますからね。


本作以前にプレイしていた「世界樹の迷宮Ⅲ」では、
二週間かけて、すれ違えたのがたったの一人という、
悲しい結果に終わったが、さすがはドラゴンクエストシリーズ。
たった一日で七人ものマスターとすれ違うことに成功した。


最初にすれ違ったのは、ユッコさんという方であった。
名前から判断するに、おそらく女性であろう。
しかも、これまでの戦績が0勝0敗という、
今日がデビュー戦となるマスターであった。
最初の相手がいきなり僕というのは、可哀想な気もするが、
これもプロの洗礼だと思って諦めて欲しい。いざ勝負!


・ユッコさんのパーティー
大魔王ゾーマ:レベル90
キャプテン・クロウ:レベル56
ヘラクライザー:レベル99


意外と強力なパーティーに驚きを覚える。
プレイ時間も55時間を越えており、僕とほとんど遜色が無い。
おそらくゴールデンウイーク中にひたすらプレイしていたのだろう。
お互いにもっと有意義な時間の過ごし方をしようぜ。


その他にすれ違った人々も、思った以上にレベルが高かった。
中には、作成するのが苦行レベルであるマスタードラゴンを
わずか30時間で二匹も作成しているマスターがいた。
悔しいので改造データであると結論付けて、精神の安定を図った。