僕の小規模な生活


福満しげゆきさんの「僕の小規模な生活 」を購入する。
ガロ系漫画家であった作者のまさかのモーニング連載の単行本である。
モラトリアム人間ここに極まりといった作風が大変気に入っている。
将来に対する唯ぼんやりとした不安を常に抱えている僕であるが、
同じような悩みを抱えているのは自分だけはでないと安心できる。
特に前作である「僕の小規模な失敗」は身につまされるにも程があり、
印象に残った台詞をサイトで取り上げようとしたが、あまりに多すぎて断念した。
軽く取り上げるだけでも、これこれ。こんなのがひたすら最後まで続いている。
これに全く共感できないという人とは、残念ながら友達になれそうにない。
漫画家や歌手などの夢を追って東京に出てきたものの、どうにも芽が出そうもなく、
悶々とした日々を過ごしている25歳以上のフリーターには、ぜひ読んでもらいたい作品である。
作中に出てくる作者の妻もやたらに可愛い。