いつまでもデブと思うなよ

岡田斗司夫さんの「いつまでもデブと思うなよ」を購入する。
先日のBSの押井守特集を見た誰もが「死期が近いのではないか?」と
心配するぐらい痩せていたことでお馴染みの岡田さんによるダイエット本である。
その宣伝効果は抜群のようで、書店では売り切れ続出、アマゾンのランキングでも上位である。
しかし、自分は太っていた頃の変なTシャツを着ていた頃の岡田さんの方が好きであった。
痩せてから、急におしゃれメガネをしたり、髪型や服装をきちんと整え始めたのが、
微妙に鼻につくので、密かにリバウンドして欲しいと思っているのだが、
著書を読むに、残念ながら簡単にはリバウンドしなさそうな雰囲気であった。
そんな訳で皆がすなるダイエットというものを、僕もしてみることにする。
幼き頃はマッチ棒のように痩せ細り、もやしもんの名を欲しいままにしていた僕であるが、
東京で一人暮らしを始めるやいなや、どこにでも外食チェーンやコンビニがあるのに感動し、
ソーセージエッグマフィンや、すき家のねぎ玉牛丼をこよなく愛するようになり、
今では体重67.8キロ。体脂肪率に至っては17.8パーセントという体たらくであった。
身長が(ややサバ読んで)174センチであるから、ちょうど現在の岡田さんと同程度の体型である。
体重計に書かれている指標によると、標準と軽肥満の中間であった。
これは華奢な体型や普通の体型が好きな女性からは太っていると思われるが、
かといって、ぽっちゃり好きやデブ専からも相手にされないという体型である。
ブログは記事ごとにカテゴリーを分けられることに最近気付いたので、
今後、定期的に体重の増減について記録していこうと思う。
目標は周囲から変化を指摘されるぐらいまで、大体60キロぐらいであろうか。
実際に痩せてもサイトでは証明しようがないのだが、その辺は気にしないことにする。
方法であるが、とりあえず岡田さんの提唱するレコーディングダイエットを試してみる。
これは摂取した食べ物を全て記録するだけという極めて単純なダイエット法である。
運動の必要はいっさいなし、ビリー隊長がいくら呼びかけようが無視して構わない。
そして一日の摂取カロリーを基礎代謝と同じ(僕は1600カロリー)になるように調整するのである。
カロリー計算と聞くと面倒な印象を受けるが、要は遠足のおやつを500円以内で購入する感覚である。
カロリーの低い春雨やサラダなどは、チロルチョコやうまい棒に相当し、
牛丼やカレーなどは、それだけで総額の半分を消費するビッグワンガムに相当する。
遠足のおやつに関しては、抜群のバランス感覚を誇った僕ならできるはずである。
そんな訳で本日の食事に関して記すが、発表するのは意外と恥ずかしいものである。
まず朝食である。岡田さんは「朝は豆乳野菜ジュースがいい」と著書で述べていたが、
僕は朝はご飯を食べないと、確実に午前の仕事中にお腹が「何か食わせろ」と鳴り出し、
周囲の人から「おやおやダイエットですか」とクスクス笑われることが必至なので、
バイト先途中のコンビニでおにぎり2個とリポビタンDライトを購入する。
どうして朝から栄養ドリンクを飲んでいるのかと思われそうだが、最近疲れ気味なのである。
合計で500カロリーぐらいであろうか。
僕は大雑把な性格なので細かい数値は切り捨てていくことにする。メモもしない。
昼食もコンビニで朝と同じようにおにぎりを2個購入する。お米が大好きである。
しかし、おにぎりばかりでは栄養が偏り、職場でのあだ名が「おにぎり」になる危険性があるので、
一緒に飲み物代わりとして、ウイダーインゼリーマルチミネラルインを購入する。
こいつは色々な栄養素が含まれているのに、わずか35カロリーという使える奴である。
昼食も合計で500カロリーぐらい。食費が以前より減るのはありがたいことである。
夕食はコンビニの冷やしごぼう天うどんと野菜ジュース。また食後にアリナミンAを服用する。
どうしてまた栄養剤を飲んでいるのかと思われそうだが、最近腰が痛いのである。
合計で550カロリー。これに仕事中に噛んだガムなどの諸カロリーを足して、
一日で計1600カロリーである。とりあえずは今日のノルマを達成することができた。
その後、多少は運動をしようと以前購入したコロコロ丸(仮名)で汗を流す。
折しも放映中の「世界陸上」は選手が皆痩せているので、運動へのテンションが上がった。
一日目終了。実際のところ、一週間前からカロリーを意識した食事をしていたので、
特に辛くはないが、それでもチャーハンと餃子への欲求は捨て去ることができない。
休日など余裕がある日は、朝と昼をそれぞれ300カロリー程度に抑えて、
夕食で一気に1000カロリー摂取するツンデレ方式を取り入れる必要があると思われる。