SEED SUPERNOVA


SEEDのファンディスク 「SEED SUPERNOVA er」を購入する。
現在、読者がこのサイトに何を期待して見ているのか、管理人も全くわからないが、
SEEDのファンというのは、レビューを更新しない今も少なからずいるだろう。
「もしかしたらルナを更新しているかも?」というわずかな期待を持って訪れたのに、
更新されていたのがキュウリコーラの感想では、あまりに申し訳ないので、
たまにはSEEDの最新の情報を紹介して、彼らのご機嫌を取っておこうと思う。
そのためにゲームソフトを購入するためのお金をどうやっても1回しか見ないと思われる
DVDに費やしたのである。更新のために私財を投げ打つことも厭わないサービス精神は
まさにサイト管理人の鑑と言えるだろう(だがレビューは更新しない)。
アニメのファンディスクというものを購入するのは初めてなのだが、
ファンディスクというからには、ファンの望むものが収録されているのであろう。
パッケージはどこぞのネオロマゲームと見間違うようなイラストであるが、
おそらく本編は男性ファンの望む女性キャラクターのお色気が満載であろう。
分類的にはOVAなので放送時よりきわどい描写もありえるだろう。
様々な期待に胸を膨らませながら、いざDVDを再生する。

突然のザフト軍ホスト部の登場に面食らう(スキップ不可)。
もしかしてこれは女性ファン向けではないかと不安を覚えた。
最初のコーナーは「キャラソンミュージッククリップ」らしい。
キャラソン! これは僕にとって非常に好都合な展開であった。
そう、ルナマリアさんの声優は歌手としても有名な坂本真綾さんである。
放送では実現できなかったルナマリアさんのライブ。これは期待できそうだ。

「オレのおかっぱは雨の日は傘にもなるんやで~♪」
しかし僕の予想に反してルナマリアさんは歌わず、キラとカガリ、
そしてイザーク(というか関さん)が真面目に歌っていた(実際の歌詞は普通です)。
これは……笑えばいいのか、感動すればいいのか、とても反応に困る。
続いてのコーナーは「たねきゃら劇場」という短編アニメであった。
詳しくは知らないが、僕が子供の頃に見ていたSDガンダムのようなものであろう。
二頭身になったルナマリアさんやステラさんも可愛かろう。今度は期待できそうである。

「おのれ~! アスラン~!」
しかしここでもイザークをメインにコーナーが進行した。
何だこれ? イザークファンディスクか?
確かに全キャラ中ある意味で最も人気があるのは確かであるが。
内容もイザーク&ディアッカ対キラ&アスランのビーチバレー対決(両者海パン)など、
「このシチュエーションが女性キャラだったら!」というような話であった。

そんな中で唯一登場した女性キャラの水着がこれである。
いや、そこは二頭身じゃなくてリアル頭身でやっていただきたい。
結局、ルナマリアさんが出たのは中国語講座の静止画一枚だけであった。