このワザとらしいキュウリ味!

「ペプシアイスキューカンバー」を購入する。
ネット(の一部)で話題のキュウリ味のコーラである。
最初聞いた時は「キウイ味」の間違いではないかと思ったが、
紛れもなく「キュウリ味」である。考案者はおそらく河童であろう。
いや「キュウリは好きか嫌いか?」と聞かれたら、結構好きな方である。
キュウリの漬物やもろきゅうは美味しいし、サラダに入っているものも好きである。
しかしジュース、よりにもよってコーラのフレーバーにするとは予想外であった。
しかも成分にキュウリはなく、あくまで香料と着色料による人工的なキュウリ味である。
メロンソーダと勘違いして飲んだ人が噴出しないように、パッケージには、
「キューカンバー」とはキュウリのことであると注意書きがされていた。
英語に疎い小生、キュウリが英語で「キューカンバー」だとは初めて知った。
「急患だー」を思い起こさせて飲料の名前としては如何なものであろうか。
さっそく飲もうと開栓した瞬間、炭酸が溢れてきて泣きそうになる。
そうこうしているうちにも炭酸はどんどん抜けていっているので、
覚悟を決めて飲むことにした。

「このワザとらしいキュウリ味!」
口の中に広がるキュウリの青臭さ。
青色1号と黄色4号による着色料を使った飲料独特の後味。
甘からず、辛からず、かといって美味からず。
飲めないというわけではないが、リピートする要因も見つからないので、
おそらく飲むのは最初で最後であろう。そんな感じの味でした。