真・女神転生 STRANGE JOURNEY




「真・女神転生 STRANGE JOURNEY(ストレンジ・ジャーニー)」
過酷な冒険の末、ついに世界の危機を救うことに成功した。
そもそも冒険に出たことも知らされていないのに、
いきなりクリア報告されても、読む側は困るだけだろう。
ストーリーやら、設定やら、ネタになりそうな要素が満載なので、
とりあえずクリアしてから日記に書こうと思っていたのだが、
最終ボスがなかなか倒せず苦労した結果、今になっての更新となった。
そもそも「とりあえずクリア」って発想からして間違っていると思う。
普通、クリアは目標であって、通過点じゃないだろう。それもメガテン。
川島海荷ちゃんとか言わないでしょう。「とりあえずクリアしました!」って。


それにしても最終ボスは手強かった。
手強いと言うよりは、酷いと言った方が正しいだろうか。
様々な攻撃を繰り出す、スーパー黒柳徹子みたいなボスなのだが、
受けるダメージが強大で、正攻法で勝つのは厳しいと判断した結果、
あらゆる攻撃を跳ね返す、中一の時の僕みたいな閉じた悪魔を三体並べて、
ひたすら相手の攻撃を跳ね返して反撃するという、自発性ゼロの作戦を取ることにした。
作戦は見事成功した。ボスの攻撃を次々と跳ね返す仲間の悪魔たち。
これは楽勝かと思われたが、ここで予想外の事態が発生する。
主人公は人間なので、火とか雷とかを跳ね返せないのであった。
中でも一番やっかいなのは、食らうと問答無用で即死する攻撃である。
即死魔法を防ぐアイテムや魔法もあるのだが、それも通用しない。
食らったら最後、運が悪かったと諦めるしかないという非情な攻撃。
運良くクリアできたが、あと2回食らっていたら心が折れていただろう。

いつもゲームの話ばかりで、自然に触れ合っていないことに疑問を感じてきたので、
明日からは牧場経営のお話になります。