toto当選2

小生、二週連続でtotoに当選する。
「どうせまだ170円だろ」と思っている方もいるだろうが、
前節は台風の影響で2試合が中止になってしまったので、
単純計算でも1/64の確率で2等が出てしまうため、
あのような少額となってしまったのである。
だが、今節は全ての試合が予定通りに開催されたので、
当選したのは前回と同じく2等だが、当選確率は1/1024という、
僕が将来ガッキーと結婚するのと同じぐらいの確率である。案外高いな。
前回の170円という金額は確かにショックであった。
努力を続けているのに、思うような結果が出ないということは誰にでもあるだろう。
だが、そこで諦めてしまうか、諦めずに努力を続けるかが肝心なのである。
そして諦めなかった結果、こうして栄光を勝ち取ることができたのである。

勝ち取った栄光・・・・・・2780円。
いや、嬉しいといえば嬉しいのだが、あと一つ当たっていれば9万円だったので、
どちらかといえば後悔の方が先に来る。愛媛の底力を侮りすぎてしまった。
もし人間が一生の内に使える幸運の総量が決まっていたら、
「ハチミツとクローバー」でいうところの幸せ貯金があるのなら、
僕はその使い方がものすごく下手なような気がする。
総量が100だとしたら、ここぞという場面で一気に50や100を使えばいいのに、
本当にどうでもいい場面で5ずつ小出しにしているような感じ。
昔、週刊少年ジャンプの懸賞の『「FF6」が発売日前日に届く!』というのに応募し、
発売日前日に集英社から、「ゲームソフト」と書かれた小包が届き、興奮しながら開封したら、
Vジャンプの懸賞の「ドラゴンボールZ(メガドライブ版)」だったあの日からまるで変わっていない。
とはいえ、先日の日記に「リンデン最高や!」と書いた途端、
リンデンが野村監督を批判して選手登録を抹消されてしまうという、
東原亜希を笑えない状況だった僕にとって、連日の当選は大きな自信となった。
もし次回も当てたら、今後はtoto予想サイトとして運営していくつもりである。
そもそもサイト名からもわかるように、このサイトはサッカーサイトですからね。