リンデン無双

先週の土曜日、西武ドームに西武と楽天の試合を見に行った。
CS出場権を得られる3位を賭けての大事な三連戦の二戦目である。
第一戦は西武が大勝して、3位楽天とのゲーム差は2に縮まった。
三連勝が求められる西武にとっては、絶対に落とせない一戦である。
西武の先発は岸、楽天の先発は青山とかいう人。
パワプロを購入していた時は、全球団の選手をほとんど把握していたが、
最近はあまり詳しくない。特に楽天はできる前に止めてしまったのでさっぱりである。
試合は前日の勢いそのままに西武が優勢であった。
2回にG.G佐藤のホームランで先制すると、その後も毎回得点を挙げ、
4回までに4ー0と西武がリードした。
先日と同じような展開に早くも大局は決したかに思われた。
だが、ここから楽天の怒涛の反撃が始まるのである。
5回に先頭バッターのセギノールがレフトスタンドにホームラン。
続くリンデンもホームランを打ち、あっという間に2点差まで詰め寄った。
まさかのホームラン二連発に、おいおい大丈夫かという空気に包まれる三塁側スタンド。
しかし次のバッターは中谷である。楽天・阪神ファンの方ならご存じであろうが、
打撃は正直期待できない選手である。現に打率も一割台と低迷している。
岸としては、ここは確実にワンナウトを取って、気持ちを切り替えていきたいところである。
だが、フラフラと上がった打球はそのままスタンドイン。まさかの三者連続ホームランであった。
野球観戦をしたことがある人は数あれど、三者連続ホームランを見たことのある人というのは少数であろう。
阪神が優勝した年のバックスクリーン三連発が今でも語り草となっているように、僕も将来自慢しよう思う。
「おっちゃんは昔、セギノール、リンデン、中谷の三連発を生で見たんやでぇ~」と。地味すぎるよ。


もはや完全に勢いは楽天であった。
三連発が出た直後の球場の雰囲気は異様としか言いようがなく、
もはや西武ドームなのに、楽天のホームのような盛り上がりである。
西武のエラーなども絡んで、楽天はこの回一挙5点を挙げて逆転。岸も降板となった。
とはいえ、まだ一点差。楽天のリリーフ陣を考えると差はあってないようなものである。
次の一点をどちらが取るか、取った方が試合を優位に進められるであろう。


その一点を取ったのは楽天であった。リンデンが二打席連続ホームランを打ったのである。
この時期に7、8番を打っている外国人選手なんてどうせクビだろうと思っていたが、
リンデンは残留するかもしれん。ベンチでセギノールと喜びを分かち合っていたので、
できればセギノールも残してやってほしい。話し相手がいないと可哀想だ。
いよいよ焦り始める西武だが、前半の勢いが嘘のように得点できない。
そんな彼らの前に立ちふさがるのは、またしてもリンデンであった。
三打席連続ホームランとはならなかったが、今度はタイムリーヒット。
期待していない外国人がここまで活躍するのは、エルビラのノーヒットノーラン以来である。
しかしこのままでは終われない西武、7回にようやく反撃を開始する。
現在ダントツのホームラン王であるおかわり氏がすごい打球のホームラン。
続く石井義も二者連続となるホームランを打って、一気に一点差まで詰め寄った。
球場内の盛り上がりは最高潮に達し、西武の選手もファンもいけるという雰囲気である。
だが、そんな西武の希望を打ち砕いたのは、またしてもリンデンであった。
再びチャンスで打席が回ると、またもタイムリーヒット。これで4安打4打点である。
これがとどめとなり楽天が勝利。僕の中で史上最強助っ人の称号はリンデンのものとなった。