購入物




「鋼の錬金術師 (23)」
あいつとあいつが死んでしまうという、OOの最後の方みたいな展開に、
「もしかしたら、そろそろ終わってしまうのではないか?」と鋭く気付く。
最近は購入する漫画を色々とリストラしており、いわゆるバトル漫画は、
これと「ハンター×ハンター」しか読んでいないので、最終回を想像して悲しくなる。
突然ジャンプに移籍して新たな敵が登場する魔界トーナメント編が始まっても困るが。
 





「3月のライオン (3)」
こちらはまだ3巻目なのだが、さすがの安定度である。
回復していく物語なので、徐々に周りと打ち解けていく主人公に心がほっこりとする。
そしてそんな感動をぶち壊しにする巻末の見開きベルセルクの広告。
つくづくどうしてヤングアニマルに載っているのかわからない漫画である。