月別アーカイブ: 2015年2月

【ゲーム】刀剣乱舞プレイ日記 その2

前回に引き続いて「刀剣乱舞」の日記である。本来ならば陸奥守吉行をメインに鯰尾君や短刀の小さい子たちとのドタバタ珍道中を書く予定だったのだが、ゲームに関しては真面目な僕、思いのほか真剣に取り組んでしまったため、前回のスタメン5人中4人が入れ替わるという、続き物の日記としてあるまじき事態になってしまった。好みの男子よりも性能が高い男子を優先して育ててしまうところが、まだまだこういったジャンルのゲームに自分は馴染んでいないということであろう。そしてナチュラルに好みの男子って言葉を使っているけど大丈夫か?

そんな訳で現在の部隊を紹介する。
まずは前回の日記の最後に加入した江雪左文字である。レア度1の短刀やレア度2の打刀が並ぶ中にレア度4の太刀という鳴り物入りで部隊に加入した彼、「おおきく振りかぶって」の西浦高校にいきなり岩鬼が入部してきたようなもので、入るやいなやその圧倒的な打撃で数多くの敵を粉砕していった。本作は活躍すればするほど経験値が多く入る仕組みなのであっという間に部隊最強の強さとなった。国宝に違わぬ素晴らしい性能である。

部隊の副長を務めるのは一期一振である。物腰柔らかな落ち着きのある美少年で、こちらもレア度4の太刀ということで江雪左文字に負けず劣らずの性能を誇っている。その魅力に四文字熟語のテストで「一期一会」を「一期一振」と書いてしまう女子中学生が急増中ともっぱらの噂である。

燭台切光忠は片眼に眼帯をしている隻眼の男子なのだが、それもそのはず、持ち主は伊達政宗である。その珍名は人と一緒に燭台も斬ったからという伊達政宗の短気イメージをさらに強化させる逸話が由来である。今後の二次創作界においては彼と伊達政宗との絡みなども多く扱われることであろう。片倉小十郎にとっては思わぬライバルの登場である。刀だけど。

どう見ても学ランにしか見えない服を着ているのは大倶利伽羅である。孤独を愛するクールな一匹狼タイプで、大将である僕に対してもそっけない態度を取るため、早く好感度を上げてデレるところを見たいのだが、本作には好感度のパラメータがないという重大な事実が判明する。こちらも前の持ち主は伊達政宗である。山形県出身者としては現存する上杉関連の刀剣を米沢城の上杉記念館に集めて歴女や刀剣女子の聖地にして観光収入を得る計画を提案したいところである。

部隊の殿を務めるのは獅子王である。レア度が上がるに連れてどこか近寄り難い雰囲気の刀剣が多くなるが、彼は裏表のないあっさりとした性格の友達になりたい感じの刀剣である。声優は先日購入した「テイルズ オブ ゼスティリア」で主人公の親友ミクリオを演じていた逢坂良太さんである。主人公のスレイを演じた木村良平さんが声優を務める刀剣もいるので是非ともセットで使ってみたい。この辺は全く声優に関する知識がなかった15年前の僕に石田彰さんと保志総一朗さんを共演させて種を植え付けていたテイルズシリーズの恐ろしさである。ちなみにゼスティリアは2周目をクリアしたが言われているほどつまらなくはない。ただそんなに面白くないだけである。

これら錚々たる太刀の中に唯一の打刀として最初に選んだ刀剣である陸奥守吉行が入っている。僕としても初めて自分で選んだ男子なので、ずっと使い続けていきたいところなのだが、いわゆるHPに当たる生存の数値が他の刀剣は軒並み50を超えている中で彼だけが41と低いのである。また防御力に当たる統率の数値も同様に彼だけが低く、敵も次第に手強くなっているため、このまま彼を使い続けていくべきなのか判断に悩んでいる。加えて最近になって新たに創設された第三部隊は、和泉守兼定、同田貫正国、山伏国広、石切丸などの名だたる刀剣が第一部隊に上がるべく日々鍛錬を続けており、陸奥守吉行にとってはこのままスタメンの座を守れるのか試練の時を迎えていると言えよう。

そして不安は的中してしまう。とある戦闘中、陸奥守吉行が敵の集中攻撃を受け、他の刀剣が無傷で戦闘を終える中で彼のみが中傷を負ってしまったのである。本作は戦闘中に生存の数値が0になってしまうと破壊されたことになり、そのまま永遠に消滅してしまうのである。今からアニメ化の際に自分の好きな刀剣が破壊されたらどうしようと戦々恐々としている女子も多数いることであろう。僕としても好きな刀剣が破壊されたからと独身男性が一人部屋で泣く訳にはいかない。考えた末に陸奥守吉行を第一部隊から外すことに決めた。

そのことを告げるべく手入部屋で治療を受けている陸奥守吉行の元に向かった。
「おお、大将! すまんのお、すんぐに直すからちっくと待ってくれ」
全身に打粉をポンポンとかけられている陸奥守吉行、いつもと変わらぬ笑顔である。
「吉行、第二部隊に移らないか? あっちは遠征が中心だから安全だ。鯰尾たちもいるぞ」
遠回しにそう告げた。刀剣の中でも特に時代が新しい彼にとっては二度目の戦力外通告である。
「うーん、なんぼ大将の頼みでもほりゃあ聞けんぜよ」
「でも、もし破壊されたら……」
「心配せんでもわしはやられはせんよ」
「しかし……」
「それにもしちゃがまっても、また鍛刀して新しいわしを作れば元通りぜよ」
「そんな……アンパンマンみたいなこと言うなよ」

陸奥守吉行の決意は固く、仕方がないのでもうしばらく第一部隊で使い続けることに決めた。今は生存の数値を上げるべく毎日畑仕事に従事している。このまま農作業に目覚めてくれないものか。

【ゲーム】刀剣乱舞プレイ日記

ここ最近、Twitterでフォローしている一部の女子の間で「刀剣乱舞」なるゲームが流行しているようである。彼女たちのツイートの内容や無闇やたらに貼られるスクリーンショット等から判断するに、どうやら「艦隊これくしょん」のガールズサイドといった内容のようである。軍艦ではなく刀剣が擬人化されており、登場する男性キャラクターの魅力について彼女たち特有の適応力の早さでまるで数年来の恋人のようにきゃあきゃあと熱く語っている。「艦隊これくしょん」はあまりハマれなかった(やってると何故か「ネオアトラス」がしたくなってしまう)僕であるが、幼少時には剣道を習っていた正真正銘の刀剣男子である(「魔神英雄伝ワタル2」が見たいという理由で止める)。そんな僕が本作を始めれば刀剣男子男子として女子にきゃあきゃあ言われるのは必至であろう。これはやってみるしかない。

そんな訳でゲームを始めてみることにした。サービスを提供しているのは「艦隊これくしょん」でお馴染みのDMMである。オンラインゲームの項目から「刀剣乱舞」を選択して起動させると、いきなり「と・う・ら・ぶ」と甘い男性の声で囁かれて怖気づく。音声が流れるので注意という警告はあったが、まさかこんなに早く来るとは。どうやら本作の略称は「とうらぶ」のようなのでテレビCMが放映される際は織田裕二が起用されるに違いない。しばし唖然とした後、勇気を出してゲームスタートをクリックすると「僕と乱れよう」という甘い声が独身男性の部屋に鳴り響き、やはり止めておいた方がよいのではないかという気持ちになる。

最初に所属するサーバーを選択しゲームを開始すると、五つの刀剣男子の中から一振りを選ぶことになった。好きな女性のタイプは分かりやすすぎるぐらいはっきりしている(性格の悪そうな顔)僕であるが、好きな男性のタイプはこれといって決まっていなかった。女子であれば「こういうのでいいんだよ、こういうので」と頷きそうな各種男子が揃っているが、果たして誰を選べばいいのか、生まれて初めて自分はどんな男性が好きなのかで悩むことになった。

熟考の末、強そう、名前がかっこいい、坂本龍馬の佩刀という史実、同じ部屋で一晩二人きりで過ごしても間違いが起こらなそうなどの理由から、陸奥守吉行を選択した。すると挨拶もそこそこにいきなり戦場へと出陣することになった。集団の敵に単身で勇敢に挑んでいく陸奥守吉行、頼もしい! 直後、集団の敵に数の暴力でフルボッコにされる陸奥守吉行、超不安!

このまま一人で戦うことは無謀と感じたので、共に戦う仲間を集うべく鍛刀を行うことにした。鍛刀とは、木炭、玉鋼、冷却剤、砥石の四つの資源をそれぞれ50から999まで使用量を設定して新たな刀剣を作成する行為である。おそらくどの資源をどのぐらい使うと何が出来るといったレシピ的なものがあるものと思われるが、とりあえずは目分量で適当に入れてみることにした。

最初に完成したのは、小夜左文字なる目付きの悪い青髪の少年であった。陸奥守吉行と比べるとまるで大人と子供であるが、ゆくゆくは「るろうに剣心」における剣心と弥彦のような関係になることを期待したい。

続いて完成したのは、五虎退なる色白の美少年であった。小学校低学年のような体躯をしており、どこからどう見ても弱そうなのだが、その名の通り彼の周囲には子猫のように小さな五匹の虎が集まっている。本人は弱くても、虎が成長すればかなりの戦力となるだろう。虎の飼育係兼、部隊のマスコットとしての活躍に期待したい。

これまで二連続で小学生のような刀剣を引いて不安になっていたが、続いて完成したのは、鯰尾藤四郎なる正統派の美少年であった。ガンダムのパイロットに選ばれてもおかしくはない主役タイプのルックスである。ようやくまともな人材が来てくれたと安堵していたら、突如として「焼けたせいで記憶はないけど……」とやたらに暗い過去を語り始めた。どうやら単に刀剣と同じ名前の男子という訳ではなく、刀剣より生み出された付喪神という設定らしい。

最後に完成したのは、乱藤四郎なるこれまた美少年であった。鯰尾藤四郎の兄弟ということであるが、どこからどう見ても女の子である。服装もミニスカートに黒のニーハイソックスを履いているようにしか見えない。これでいい匂いがした場合はこちらとしても色々やぶさかではないところだが、最初は女の子みたいな男子から入らせて徐々に深みに嵌らせようとする奴らの罠である。引っかかってはならない。

かくして全く統一感の無い5本の刀剣を引き連れて最初の戦場である函館へと出陣した。敵との戦闘に入ると部隊の先頭にいる刀剣が索敵を行うことになるのだが、身長の小さい者順に並べていたため、一番弱そうな五虎退が行うことになった。おろおろしながら索敵を行う五虎退、敵に見つかってそのまま持って行かれてしまうのではないかと不安だったが、虎と一緒に頑張って見事に索敵に成功、敵の陣形を見破ることに成功した。

陣形は全6種類あり、逆行陣には雁行陣、鶴翼陣には魚鱗陣、ゼラチナスマターにはフリーファイトといったようにそれぞれ相性が存在し、索敵に成功することで後出しジャンケンのように相性のよい陣形で戦うことができるのである。そのまま白刃戦に突入すると、陸奥守吉行が豪快に打刀を振り回せば、鯰尾藤四郎が俊敏に脇差で斬りかかり、残りのちっちゃい子達が短刀でポカポカして見事に勝利を収めた。

初陣を見事勝利で終え帰城すると、任務を達成した報酬として資源を受け取った。部隊は6人まで編成できるため、新たな仲間を鍛刀することにした。期待を込めて各資源を大量500も使用した結果、江雪左文字なる長髪の男性が誕生した。落ち着いた雰囲気で風格があり強そうである。種類が太刀ということで大きく「太」という一字が書かれている。自らアピールするぐらいだから相当であろう。これからの活躍に期待したい。

【音楽】カラスは真っ白「ひみつじゃないけどひみつのリリースパーティ」

先週の日曜日、最近よく聞いているカラスは真っ白のライブ、
「ひみつじゃないけどひみつのリリースパーティ」に行ってきた。

会場は渋谷にある渋谷Star loungeであった。キャパシティが250名というライブハウスで、
今まで千人以上入る会場にしか行ったことがない僕には新鮮であった。
会場に入ってすぐ左にロッカー、右に物販があり、その先はもうフロアである。
ロッカーに荷物を入れていると、いきなり若い男性に声をかけられた。
「百円玉がないので五十円玉二枚と交換して欲しい」とのことだったので快く応じる。
これが女子だったらライブ終了後に「お茶の一杯でも」となっていたところであろう。
今後も百円玉を余分に持っていくので、女子は是非とも声をかけてほしい。

客席のやや後方、といっても通常のライブではかなり前の位置に陣取りライブが始まった。
まずはゲストであるふぇのたすが登場した。女性一人と男性二人によるグループで、
最近では、森川葵さん主演の「おんなのこきらい」という、興味はあるものの、
独身男性が一人で映画館に行って見るにはハードルが高い映画の主題歌を担当している。
ポップでキュートなどこか癖になる音楽が特徴的なグループである。

彼らのWikipediaを見たところ、相対性理論を発掘したオーディションイベントと
パスピエを発掘したレコード会社を通じて世に送り出されるという経歴を持ち、
先日購入した大森靖子さんのアルバムに参加していた寺嶋由芙さんに楽曲を提供したり、
元相対性理論のメンバーが関わっているタルトタタンのサウンドプロデュースをするなど、
僕の好きなジャンルの音楽の世界の狭さを実感することになった。

そんなふぇのたすのライブを見た感想は、ボーカルのみこ嬢がすごく可愛いということである。
詐欺まがいの自撮りが横行する現代では珍しく、写真より実物の方が可愛いタイプ。
ほないこか嬢に続いて、恋人にしたい若手アーティストランキング上位に躍り出た。
その他にギターのヤマモトショウ氏(東大出)が突如として嵐の櫻井さんのラップを披露する
(おそらくショウ繋がりという理由)、カラスは真っ白の楽器隊が演奏に参加するなどあったが、
長くなるので今回は割愛する。
3月にはメジャーデビューするようなので今後の彼らの動向に注目である。

続いてカラスは真っ白の出番である。まずは男性メンバー三人が登場した。
ギターのシミズ氏とドラムのタイヘイ氏はシュッとしており、
いかにも若手バンドマンといったカッコよさげな風貌なのだが、
ベースのヨシヤマ・グルービー・ジュン氏なる人物が異質であった。
身長は小さめで体重はややぽっちゃりのコミカルな体型をしており、
髪は七三分け、山田孝之がバナナマン日村になる呪いを受けたみたいな顔をしている。
過去に数々のバンドマンを見てきたが、こんなに人が良さそうな感じの人は初めてである。
もし「Hey!Hey!Hey!」や「うたばん」に出演していたら、100%いじられていたであろう。

最後にシミズ氏に紹介され、ボーカルのヤギヌマ嬢が登場した。
黒縁メガネに前髪パッツンのお下げ髪、白衣のような真っ白なシャツワンピース、
手にはパンダのぬいぐるみを持つという、ちょっと欲張り過ぎな格好であった。

そんな突っ込みどころ満載の二名に注目しながらライブが始まった。
見た目はすごく面白いグルービー氏であるが、ベースの腕前は確かであった。
特にこのバンドは通常のバンドよりもベースの演奏が目立つ構成の曲が多いので、
軽快にベースをかき鳴らすその姿は、まさにグルービーとしか形容できないものである。
ご両親も息子にわざわざそんな名前を付けた甲斐があるというものだ。

一方、冒頭では延々とパンダを触っていたヤギヌマ嬢であるが、
曲によっては自らもギターを演奏するなど意外にアグレッシブであった。
当初はやくしまるえつこ嬢タイプのキャラクターなのかなと思っていたが、
シミズ氏に「今日のリリースパーティ嬉しいよね、ヤギヌマちゃん?」と聞かれると、
「はい」と答えるなど、コミュニケーション能力も抜群である。
(ちなみにシミズ氏はヤギヌマ嬢が返事をしてくれたことに感動していた)

ヤギヌマ嬢がそんな感じなので、MCは基本的にギターのシミズ氏が行うのだが、
グルービー氏もシミズ氏に促される感じでMCをすることがあった。
グルービー氏、引っ込み思案だが注目を浴びるのは好きという、
非常に面倒くさい性格をしており、緊張のため冒頭から言葉に詰まるのだが、
それが観客にウケると徐々に調子に乗り、ついにはノリノリで前に出ていくのであった。
みこ嬢がゲストボーカルで参加した曲では、ベースを捨ててダンスを踊ったかと思うと、
最終的には曲に全然関係ないコールアンドレスポンスを求めたりとやりたい放題であった。

シミズ氏の問いかけに対しては素っ気ない態度を取っていたヤギヌマ嬢だが、
グルービー氏には心を開いているらしく、それを見て口を手で抑えて笑いを堪えていた。
ライブ前までは、淡々と演奏するだけの相対性理論タイプのバンドだと思っていたが、
意外にも親しみやすい雰囲気のバンドであった(主にグルービー氏の所為で)。

ライブ終了後、さっきまでステージ上にいたメンバーが物販でグッズを売っていた。
みこ嬢に至っては、主題歌を担当している映画のチケットまで手売りしていた。
グッズを買ってくれたお客さん全員に「ありがたす〜」と言っていた。可愛い。
色んな意味で観客との距離が近く、ライブは小さい会場の方が面白いかもと思った。
この調子で行くと、最終的には地下アイドルとかにハマることになりそうだが大丈夫か。