月別アーカイブ: 2011年2月

2011.2.16

先日「逆転検事2」を購入したのだが、第一話の途中までプレイした時点で放置している。
決して面白くないという訳ではない。むしろ前作よりも様々な面で進化されており、
魅力的なキャラクターと相まって、話が進むに連れて面白くなっていくことが想像できる。
しかし初代「逆転裁判」から数えると、このシリーズも都合六作目である。
事件が起きて、捜査をして、容疑者に矛盾を突きつけてを繰り返しているうちに、
「何だか毎回同じことをやっているな」という気持ちになってしまうのである。
とはいえ、シリーズのファンはそれを偉大なるマンネリとして楽しんでいるのであり、
前作までは僕も何の疑問も持たずに、「意義あり!」「意義あり!」言いまくっていた。
しかし今作ではどういう訳か気乗りがしない。事件を解決するのが面倒くさい。
実際の敏腕検事もこんな気分になったりするのだろうか。
それにいくらゲームで推理力を磨いても、現実社会で活かす機会がない。
ひたすらマジカルミステリー劇場の復活を待つぐらいである。
やる気が出ないままゲームを続けるのは、製作者に対して失礼であるし、
そもそも娯楽であるはずのゲームを作業と思ってしまっては終わりである。
初代ファミリーコンピューターを遊んでから、今年で24年目になるが、
そろそろゲームを卒業する時が来たのかもしれない。
そんな訳で今は「戦国無双3Z」をプレイしています。面白い。

日記

iPhoneのアプリから投稿。
これにより今後はTwitter感覚で日記を書けるのではないだろうか。
そのTwitterも最近はすっかり放置してしまっているけれども。