月別アーカイブ: 2009年2月

DS





相変わらず「デモンズソウル」をプレイしている。
ようやく全体の半分ぐらい進めたところであろうか。
最近のRPGは、何となくプレイしているだけで同級生や、
後輩のアイドルや探偵王子に六股をかけれるような作品が多いが、
今作は何となくでは攻略は難しい。その分達成感はかなりのものである。
僕も初見で「これは勝てないだろう」と思ったボスに対して、努力と知力と、
金に物を言わせて大量に買った薬草の力で勝利を収めることができた。
高ければ高い壁のほうが上ったとき気持ちいい。努力は必ず実るのだ。
どうしてその教訓を人生に活かせないのかは自分でもよくわからない。


今作は最近のゲームらしく、オンラインに対応している。
主な機能としては、フィールドにメッセージが残せるというのがある。
これで「近くにアイテムがあるぞ!」など他のプレイヤーに助言を送ったり、
断崖絶壁の前で「一歩前に踏み出そう!」と書いて嫌がらせができるのである。
また地面に残っている血痕を調べることで、他のプレイヤーの死に様が見られる。
強敵がいる場所の血痕を調べると、おそらく突然のピンチに混乱していたのだろう。
ローリングなどで必死に攻撃をかわそうとするが、結局絶命する他のプレイヤーの姿が見られ、
苦労しているのは僕だけじゃないと癒される。他者の失敗は応援よりもずっと励みになる。


当然、協力・対戦プレイも可能である。
このゲームは一度死んでしまうと魂(ソウル体)の状態になるのだが、
この状態になると、最大HPが半分になってしまい、
ただでさえ厳しい難易度が更に増すという鬼のような仕様なのである。


人間に戻るためには、貴重なアイテムを使用するか、ボスを倒すか、
白いファントムとなって他のプレイヤーに召喚され、一緒にボスを倒すか、
黒いファントムとなって他人の世界に侵入して、相手のプレイヤーを倒す必要がある。
フィールドのそこ彼処に召喚を呼びかけるソウルサインが存在しているのだが、
僕はネットの世界でも引きこもりなので、オンラインで他人と協力とか、対戦とか、
ネットで日記やレビューを書いて全世界に公開とかは恥ずかしくて無理である。
そんな訳で最後まで誰とも協力・対戦はせずにゲームを終えるかと思っていた。


だが、そんな引きこもりの元に外部からの刺客がやって来た。
突如、黒いファントムが僕の世界に侵入してきたのである。
「えっ? 他のプレイヤーの世界に侵入って相手の許可なくできんの?」
どうせ繋がないからと説明書を読んでいなかったことを後悔する。
僕に向かって一直線に向かってくる黒いファントム。
混乱する僕にお構いなしにいきなり魔法を放ってきた。
必死にローリングで避ける僕。ごろんごろん。ごろんごろん。
まずい。これは殺されて血痕になってしまうパターンだ。
もしここで殺されたら、僕は二度とオンラインに繋ぐことはないであろう。
貴重なPS3のプレイ人口を減らさないためにも、見逃してもらいたいところだが、
深夜3時に人の世界に侵入してくるような非常識な奴にそんな話は通じまい。
こんな夜中に何でゲームなんかやってんだお前は! 早く寝たまえ!


生き残るためには相手を倒すしかない。こちらにも勝算はないわけではない。
相手はソウル体であるため、HPが人間時の半分しかないのである。
こちらのHPの多さを武器にゴリ押しすれば、多少の能力差があれど勝てる可能性がある。
僕の操るルナマリアさんは職業こそ狩人だが、基本的には近づいて斧で斬りつけるという、
この場合には最も適した戦闘スタイルである。斧を両手に持って相手を斬りまくった。
火サスなどで殺されそうになった人が、偶然手にした鈍器で逆に相手を殺してしまうあの感じ。
華麗さの欠片もない生き残るためだけの攻撃。気がつくと相手は消滅していた。
僕はオンラインは勿論、ゲーセンでの対戦プレイもしたことはないが、
その理由は、やられた時にすごく悔しいだろうからというのが相当である。
そんな人間が突然乱入してきた相手を逆に撃退。その高揚感は言うに及ばず、
「もしかして僕って強いのかしらん」と思ってしまうのもやむを得ないところであろう。


かくして今度は黒いファントムとして他人の世界に乗り込むことにした。
他のプレイヤーの世界に突如として侵入する謎の戦士“LUNAMARIA”
鬼神の如き強さで次々とプレイヤーを粉砕。その強さは掲示板でも話題になるであろう。
「LUNAMARIAって奴に気をつけろ! 奴は強い」
「俺もLUNAMARIAにやられた。あいつは可愛いだけじゃないぞ!」
「ちくしょう! LUNAMARIAに名前の通り狙い撃たれたぜ!」
そのような楽しい想像をしているうちに侵入できる世界を発見した。
後に全世界で語り継がれるであろうLUNAMARIA伝説。
相手のプレイヤーには悪いが、その伝説の礎となってもらおう。
このオレ様がお前らのハナミズを飲みつくしてくれるわ!


だが実際に侵入してみると様々な誤算があった。
まず相手が見たことのない装備をしている。
とても強固そうな鎧に魔力が増しそうな帽子、
ドラゴンの鱗でも切り裂いてしまいそうな剣を装備していた。


そして攻撃のスピードが速い。めっちゃ速い。
こちらが斧を1回振る間に3回ぐらい剣を振っていた。
多分シャアだったと思われる。こっちはルナマリアさんだもん。


そんな訳で劣勢に立たされるルナマリアさん。
一撃で殺されたのなら、まだ笑ってネタにできるのだが、
相手の一撃で大体こちらの最大HPの20%ぐらいを持っていかれる。
必死で回復するが追いつかない。次第に底を尽いてくる薬草。
じわじわと、だが確実に敗北の影がルナマリアさんに近づいてくる。
バレーボールにおける、日本×キューバの試合のような感じのリアルな劣勢であった。


最終手段として、重い鎧や兜を脱ぎすてて、全力で逃走するのを考えたが、
実行に移す前に倒された。生まれて初めての赤の他人に殺されるという感覚に呆然となる。
しかも悔しいことに、相手は僕を倒すと、全く後ろを振り返ることなく進んで行った。
普通、本当に死んでいるかどうかを突いて確認するじゃないですか。
戦ってすぐに「あっ、こいつは雑魚だな」と思ったのだろう。悔しい。むしろ恥ずかしい。
だがこの出来事が僕の心に火をつけた。いつか相手に復讐(完全な逆恨み)する日を夢見て、
「ディスガイア」で鍛えた、ひたすら同じ作業を繰り返してレベル上げを苦にしない精神で、
やられた時に30だったレベルを60まで上げる。しばらくは今作で遊んでいると思う。

音楽



 


ストレイテナー
『Nexus』


先行シングルのカップリング曲が非常にかっこいい感じだったので、
「シングル曲よりカップリングの方がいい。これぞテナーって感じ」と知人に語ったら、
それが洋楽のカバー曲だったことでお馴染みストレイテナーのニューアルバムである。
前作との最大の違いは、3人から4人にメンバーが増えたことであろう。
僕はバンドを組んだことがないのでわからないが、これは相当大きいと思われる。
ドラクエでも3人から4人に増えるだけで相当戦闘のバランスが変わりますからね。
どうやらそれが良い方向に、少なくてもマイナスにはなっていないようで、
前作、前々作のアルバムはかっこいい曲はかっこよかったのだが、
複雑な曲もあり、そっちの方向行っちゃたか感を覚えないでもなかったのだが、
今回ギターが増えたことにより、シンプルにかっこいい曲が多めであった。善い傾向である。


 




嗣永桃子ブームが到来する。
きっかけはブレイク前のPerfumeを尋常ではないぐらい推していた
Base Ball Bearの小出さんが最近ブログで尋常ではないぐらい推しているのが、
Berryz工房らハロプロ勢なのである。iTunesのプレイリスト上位25のうち、8割がBerryz工房らしい。
自分の好きなアーティストに影響を与えるアーティストの曲を聞くという行為は、
そのアーティストのファンとしては、極めて普通の行為であり、
同様に彼が影響を受けたXTCの曲を聞くのと何ら変わりがないわけである。
そんな訳で最近はBerrz工房ばかり聞いていた。
そして今回新たにBuono!にも手を出したという次第である。
デビュー時は、さすがに好きであることを公然と口にするのを憚られる年齢であったが、
彼女も既に16歳なので何ら問題はないであろう。諸手を挙げて称賛していきたい。

ds


「Demon’s Souls(デモンズソウル)」


冒険中のルナマリアさん。(うっすら発光しているのは既に死んで魂の状態だから)
最近のRPGは木曜に購入して、日曜日にはクリアしているのが普通であったが、
本作は10数体いるであろうボスの中、まだ3体しか倒していない。噂に違わぬ難易度である。
それでも徐々に進めているという感覚が嬉しい。サイトの連続更新を放棄するぐらいの中毒性である。

Demon's Souls






あまりに高い難易度にファミ通のクロスレビューでも、
「難しすぎる!:6点」「難しすぎて最高!:9点」
と評価が真っ二つに分かれたこの作品。
そんな絶対難度の魔窟に管理人が挑む。
「あなたには無理よ! 現実生活もクリア不可能な難易度なのに、
 そのうえゲームまで攻略不可能になったら、あなたの心が壊れてしまうわ」
「止めてくれるな、男には無理だとわかってもやらねばならない時があるのだ!」
「でも、今がその時なのかしら?」
「……そうではないかもしれん」
そうではないかもしれん。

jk

「じゃこだと思ったら、ベビースターラーメンだった事件」起こる。
事のあらましはこうである。
小生、仕事の帰りにスーパーにて、じゃこと水菜のサラダを購入した。
じゃこのカリカリ感と水菜のシャリシャリ感が絶妙なハーモニーを奏でる、
サラダ界でも確固たるポジションを築いているあの美味しいサラダである。
だが、自宅に帰ってサラダのケースを開けて驚愕した。
そこに入っていたのは、じゃこではなくベビースターラーメンであった。
確かに値段の割には、じゃこがたっぷり入っているなあと思ったが、
まさか水菜のサラダにベビースターが付属してるとは思わないじゃないですか。
ベビースター本人もまさか自分がサラダに乗せられるとは思ってもいなかったであろう。
僕が海原雄山だったら「女将を出せ!」とスーパーの調理場に乗り込んでいるとことである。
日本の美しき食文化はどこへ消えてしまったのか、てんこ盛りのベビースターを前に悲観した。
しかも悔しいことに、ベビースターと焙煎胡麻ドレッシングとの相性が意外によく、
案外にイケるのであった。じゃこを超えるポテンシャルを秘めているようにさえ感じた。
二月に入って連続更新を目標としているが、ネタがないとこんな感じの更新となる。
ネタがない日は更新しないサイトと、ネタがなくても無理やり更新するサイト、
どちらが正しいのかわからないが、しばらくはこの方向性で進んでいく。

DQ9

「ドラゴンクエストIX 星空の守り人」を予約する。
三月になって突如管理人の姿が消えることがあると思うが、
それは死亡したのではなく、ドラクエをしているだけなので安心してほしい。
それにしても未だにゲームの詳細がよくわからない。
オンライン対応らしいが、それがどれほど重視されているだろうか。
「ドラクエモンスターズ」ぐらいの繋げたい人は繋げばいいというレベルならいいが、
「モンスターハンター」のように協力プレイ必須なゲームバランスだったらとても困る。
管理人はリアルはおろか、ネットを通じての人とのコミュニケーションも取れない男である。
「メタルギアソリッド4」もロビーまで行って、やっぱり怖いと引き返した男である。
知らない人間と協力プレイなどできるはずもない。仲間からもトルネコ扱いされるに決まっている。
こんらん状態になって仲間を殴り殺してしまったら……
操作ミスではぐれメタル相手にうっかりニフラムを唱えてしまったら……
そんなことを考えると今から胃が痛くなってくるので、
全員が遊び人パーティー以外には参加すまいと思った。

百万円と苦虫女




『百万円と苦虫女』
蒼井優が好きである。特に今まで明記していなかったが、
過去に好きと書いた女性のタイプから見抜いてもらいたい。
というか有名な可愛い女性は八割方好きである。

それでこの映画である。監督が女性、上映館の場所、タイトルなどから、
実際に見る前までは「アメリ」などの短観映画が好きとか言ってしまう、
スイーツな女子向けの原色バリバリのおしゃれ映画だろうと思っていたが、
これが蒼井優の可愛さを極限にまで引き出したアイドル映画であった。
これがもし、宮崎あおいや新垣結衣が主演だったら成立しない、
彼女の全く心を開いていない感じの表情あってこその作品であった。
これを見て彼女に好意を抱かない人間とは同じ町内に住みたくない。


蒼井優演じる主人公の鈴子が、自分探しならぬ、自分を探さない旅を始め、
行く先々で出会う男が彼女に惚れるという、寅さんの逆バージョンみたいな映画である。
田舎の山村ではピエール瀧まで虜にするのであった。農作業姿が格好似合いすぎだよ瀧。
最終的に出会うのが森山未來である。彼も蒼井優の男版みたいなところがあるので、
二人が仲良くなる過程などは、恋愛映画を見ると吐血する習性がある僕でも、
「ええのう、こういうのがええのう」と思わず身悶えを起こすほどであった。
最後なんて「ハチクロ」以上に「ハチクロ」していた。ヒロインは同じ人なのに。

2/1

第二十回「今後のサイト運営について」の脳内会議が開催される。


「二月になったことだし、これからは気持ちを入れ替えて毎日更新しようと思うのだが」
「無理だと思います」


会議終了。