月別アーカイブ: 2007年5月

おでん

三日坊主ここに極まりという感じで放置していたが、
それは「オーディンスフィア」をやっていたからだった。
同時に買った「シャイニング・ウィンド」を放ってやりまくっていた。

「テイルズ」と「ヴァルキリープロファイル」を足したようなアクションゲームだった。
ボスが巨大でいかにも「ボス戦!」という感じなのが面白い。
しかもちょっと飽きてきたと思うタイミングで操作するキャラクターが変わって、
その度に新鮮な気持ちでプレイできるのだった(敵はやたら使い回しが多いが)。
現在、楽しみにしていた能登さんが声優の妖精が主人公のところまできたのだが、
操作がシューティングゲームのようで非常に扱いづらくて困っている。
しかしこうなってくると放置されている「シャイニング・ウィンド」が可哀想である。
以前「テイルズオブデスティニー」と「サモンナイト4」を同時に買った際も、
テイルズばかりやって、サモンナイトは数時間遊んだだけで現在まで放置されている。
あの悲劇を繰り返すわけにはいかないと、シャイニングを再開することにした。
ユーザーの下馬評も雑誌の評価も軒並みオーディンスフィアの方が良かったが、
個人的にはシャイニングも負けず劣らず応援していきたい。
ギャルゲーのように見えるが実際は骨太なアクションゲームなのである。

やはりギャルゲーでした。

シャイニング娘。


PS2ゲーム「シャイニング・ウィンド」を購入する。
SEGAの人気RPGである「シャイニング」シリーズの最新作である。
僕はかつて生粋のSEGAっ子だったので同社のこのシリーズが好きであった。
「シャイニングフォースCD」のためだけにメガCDを買ったりもした。
今作はジャンルはアクションRPGだし、制作会社はキャメロットではないし、
パッケージイラストも何だかパソコンのギャルゲーみたいになってしまっているが、
エルフやドワーフやケンタウルスなどが登場する世界観は変わっていないであろう。
めくるめくファンタジーの世界へといざ旅立つことにしよう。

まさかの学園ストーリーに衝撃を受ける。
ヒロインのシーナとは「椎名さん」のことだったのか。
シリーズの方針転換もここまで来たかと思ったが、その心配も杞憂、
開始5分であっさり異世界に転送された。異世界とは然しも便利なものである。
ちなみに主人公の声は石田彰さんで主人公を呼ぶ謎の声は保志総一朗さん、
異世界で出会う謎の少女の声は桑島法子さんというこのサイト的に磐石の布陣であった。
異世界に飛ばされた主人公達はドワーフ達を守るために戦うことになった。
しかし先ほどまで学生だった人間が、急に戦えといわれても無理な話である。
これがFFだったら、主人公の葛藤などで戦闘まで1時間はかかるであろう。
だがこのゲームの登場人物は皆切り替えが早く、すぐさま戦場へ向かった。
最近のRPGでありがちなウジウジ悩む主人公に比べてシンプルでよい。
シンプルすぎて、はしょりすぎではないかと思うぐらいである。

敵からの攻撃に倒れるシーナ。その胸元に刺さる謎の剣。
その時、タイミングよく聞こえてきた天からの声によると、
これは彼女の心の結晶で主人公にしか抜けないそうである。
全くもって説明不十分でよくわからないが、とにかく剣を抜くことにした。

主人公がシーナに抜くことを求める。
「い、いいけど……大切に使いなさいよ」
シーナは恥じらいながらも主人公に心を許すのであった。
開始わずか20分でのデレは史上稀に見る早さである。

剣を抜くといよいよ戦闘開始。操作は前作である「ティアーズ」とほぼ同じである。
恐ろしく地味な画面だが、僕としては「こういうのでいいんだよこういうので」である。
前作は戦闘前に一風呂浴びれるぐらいロード時間が長かったのだが、
今作ではそれが解消されていた。SEGAもやればできる子である。

伝説の心剣士となった主人公の噂はすぐに国中に広まり、
王女であるクララクランが訪ねてきた。プリンセスクララクランである。
そういえば「オーディンスフィア」も同時に買ったので次回紹介する。

王女の弟の病気を治すために二人きりで山に水を汲みに来た主人公と王女。
霧が晴れずに探索を諦めかけた王女を主人公が甘い言葉で励ます。
その言葉にクラっときたのか、王女は主人公に全てを委ねるのであった。

「見守ってくれますか? 罪深き私を……」
「人の心は清らかな部分ばかりじゃない、君は聖女である前に人間なんだから……」
台詞だけ抜き出すと、これから如何わしい行為が始まりそうだが、
無事、王女からも心剣を抜くことができ、
手に入れた心剣の力によって霧を吹き飛ばし水を汲むことができた。

このように主人公に全てをさらけ出した王女であったが、
肝心の汲んだ水が全く効果が無かった。完全な抜かれ損である。
続いて主人公達は何百年も生きているという仙女を訪ねた。
現れた仙女ホウメイは見た目は子供、中身は大人であった。
声は日本一のちびっ子声優でお馴染みの斎藤千和さんである。

ここでも主人公はそのジゴロぶりを如何なく発揮。
相手が幼女のような老女でもお構いなしである。
最初の方は、主人公に対して強気だったホウメイだったが、
主人公の甘い言葉にやられて、最終的にはとろんとした表情になった。
ここでの決め台詞は「君の心はそんなことを望んじゃいない」であった。
相手の心を代弁してあげられるのがモテる男の秘訣である。勉強になった。
こうして主人公はわずか開始1時間で三人の女性の心を文字通り引っこ抜いた。
彼女達との今後の進展に期待である。CEROも12歳以上対象である。

ドラマチック

BaseBallBearの新曲「ドラマチック」を購入する。
ベースの関根さんが可愛いことでお馴染みのバンドである。
関根さんというのは「リンダリンダリンダ」に出ていた声の低いベースの子である。
僕はアニメより音楽の方が好きなのだが、
僕が属している一部のテキストサイト界隈では、
漫画やアニメやゲームの話題は好きなだけ語っていいが、
アニソン以外の好きな音楽(特に若者向け)を普通に語ってしまうと、
「何を言ってるんだお前は?」と冷たい目で見られてしまう。
そのため今まで肩身の狭い思いをしてきたのだが、
今作はアニメ「おおきく振りかぶって」のOPになっているらしいので、
漫画やアニメ好きの方にも諸手を挙げて勧めることができる。
そもそも「リンダリンダリンダ」のライブシーンは、
「涼宮ハルヒの憂鬱」のライブシーンの元ネタとなっている。

つまり、このベースの女の子のモデルは関根さんであり、
彼女がいなければ、アニメ史に残るこの名場面も生まれていなかったであろう。
ハルヒもここまでの人気にはならず、現在の「らき☆すた」も生まれていなかった
と言っても過言ではない。アニメファンは注目すべきバンド(関根さん)である。
ちなみにリンキンパークのアルバムも一緒に買ったのだが、
こちらは二次元との関連性が皆無なので紹介は割愛する。
8曲目のイントロがどことなく「水戸黄門」のテーマを彷彿とさせる。

ブログになりました。

日記の方をブログに移行してみた。
最近、やる気が完全に失せていたので、
少しでも開設当初の新鮮な気分になれればと思う。
ところで予告したレビューですが、まだ完成していません。
面白いこと以前に日本語すら浮かんでこないような状況です。
待っている方は管理人に怒りを覚える前に見限ってもらえると助かります。
とはいえ、ここまで引っ張って何もやらないのも人間的にアレなので、
以前更新を宣言して挫折したコードギアスレビューを更新してお茶を濁すことにします。
さすがは没になっていただけのことはある、という感じの内容です。
ちなみに僕は第1話を見ただけの知識で書いているので、
設定などの間違いは余程ひどい箇所以外は無視して頂きたい。
それとメールフォームの方をいったん外しました。
応援にも心配にも抗議にも応えられない感じなので、
しばらくは遠巻きに生暖かい目で見てもらえると助かります。